PAGETOPへ
毎日診療しているクリニック|鳥居泌尿器科・内科
〒236-0042 横浜市金沢区釜利谷東2-21-22 クリニックビル別館
TEL:045-784-2002 Fax:045-784-8880

胃カメラ

鳥居泌尿器科・内科では月に1回、慈恵医大晴海トリトンクリニック兼健康管理セ ンターの内視鏡科専門医 鈴木方紀子先生による胃カメラの検査を実施しております。

昭和63年
金沢医科大学卒業
同年
東京慈恵会医科大学 内科研修
平成元年
同大学病院 第3内科入局(消化器班)
平成5年
同大学病院内視鏡科へ転科
平成8年
同大学病院 病理学教室にて学位研究の為転科
平成11年
学位授与
平成13年
日本消化器内視鏡学会認定専門医

胃カメラって苦しいのでは?

胃カメラは「怖い・痛い・苦しい」というイメージを持っている方が多くいらっしゃいますが、当院では患者さんの苦痛が最小限で検査できるよう、検査前にしっかりと咽頭の麻酔をしてから検査をしています。また、検査をするのは内視鏡科専門医です。専門的な技術と検査前の処置により苦痛の少ない胃カメラを実施しています。

胃カメラとは

先端にレンズが付いている細い管(内視鏡)を口から入れて、食道や胃の内部を直接見る事ができる検査です。胃の内部や食道をテレビモニターに映し、くまなく見ることが出来るので、バリウムを飲んでレントゲン撮影を行う胃透視検査よりも、胃粘膜の色調の変化や早期の癌の発見がしやすいと言われています。

どんな症状の時にする検査?

お薬を服用してみても、胃痛・胃もたれ・胸やけ・ゲップが出る・喉の不快感などの症状が継続している方には胃カメラをお勧めしています。現在は症状がなくても、「胃潰瘍と言われた事がある」「ポリープがある」など過去の検査で何らかの診断を受けた事のある方にも、1年に1度、定期的に経過観察していく事が望ましいと思われます。

検査前~検査後の流れ

①胃カメラ検査日を決めます
検査は月に1~2回行っています。その月によって日にちは変わります。

②採血による術前検査を行います。
様々な感染症を予防し、安全に検査する為に必要です。

③当日は絶食です。お車での来院も控えてください。
検査前日・当日の注意事項は予約をされた時にお渡しします。よくお読みになってからお越し下さい。

④検査後、院長と一緒に胃の状態をモニターで確認します。
患者さんご自身の目で胃の中の様子を見ることができます。
胃カメラは予約制で行っています。 検査時に胃の組織を採取した方、ピロリ菌有無の検査をした方は7~10日後に結果が出ますのでその頃に結果を聞きにいらしてください。

鳥居泌尿器科・内科
TEL :045-784-2002
E-mail:torii@shonan-taiyo.com
治療・検査について
当院の治験への取り組み

泌尿器科・内科は、お近くの湘南太陽会グループのクリニックへ

スタッフブログ

Sitemap